茗荷の花(みょうがのはな、めうがのはな)初秋

【子季語】
秋茗荷
【解説】
茗荷は、根元に出来た子の先に淡黄色の蘭のような花をつける。一日でしぼむが次々に花を咲かせる。

コメントは受け付けていません。