秋の蝉(あきのせみ)初秋

【子季語】
秋蝉、残る蝉、ちつち蝉
【解説】
立秋を過ぎて鳴く蝉のこと。盂蘭盆の頃の蝉の鳴き声にはまだまだ力強いものがある。夕方になると、油蝉などに混じってかなかなやつくつく法師も鳴き始める。秋も深まるにつれて蝉の声も弱弱しくなり、いつの間にか鳴き声もとだえてしまう。

*

ぬけがらに並びて死ぬる秋の蝉
丈草 「続猿蓑」

下枝にかまへて啼くや秋の蝉
路通 「浪化上人日記」

仰のけに落ちて鳴きけり秋のせみ
一茶 「八番日記」

神寂や秋蝉我にいしばりす
麦水 「新みなし栗」

夕暮の水にぶつかる秋の蝉
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。