負真綿(おいまわた、おひまわた)三冬

【子季語】
綿子
【解説】
寒さから身を守るために、真綿を薄くして上着の背なに忍ばせたもの。真綿を入れて作ったチョッキのようなものを綿子という。 

*

留守がちの夜を守る妻の綿子かな
召波 「春泥発句集」

コメントは受け付けていません。