仙人掌の花(さぼてんのはな)晩夏


【子季語】
羅王樹、仙人掌
【解説】
花は、白、黄、赤ととりどり。どの花も大振りで美しい。強い匂いを放つものもある。

*

仙人掌の奇峰を愛す座右哉
村上鬼城 「鬼城句集」

サボテンの指のさきざき花垂れぬ
篠原鳳作 「現代俳句」

コメントは受け付けていません。