初明り(はつあかり)新年

【子季語】
初夜明
【解説】
元日の明け方、山陰や森の陰などから差しそめる曙光を言う。

*

一年を高でくくつて初夜明
曾良 「乙酉歳旦帖」

淀川の水の碧に初明り
青木月斗 「改造文学全集」

はつ明りさすやみかのべみかのはら
高田蝶衣 「青垣山」

初明り火鉢の焔立ち来けり
臼田亜浪 「定本亜浪句集」 

コメントは受け付けていません。