御降(おさがり)新年

【子季語】
富正月
【解説】
元日から三日の間に降る雨のこと。正月というだけで、ただの雨でさえも、なにやら特別の恵みのように思える。

*

御降にぬくもる土の煙りかな
野弓 「親類題発句集」

おさがりやまづおもはるる秋の色 
二柳 「題葉集」

まんべんに御降受ける小家かな
一茶 「八番日記」

御さがりやここぞと開く朱傘
梅室 「梅室家集」

御降りの雪にならぬも面白き
正岡子規 「子規句集」

お降や袴ぬぎたる静心
村上鬼城 「定本鬼城句集」

隠れ住んで此御降や世に遠し
夏目漱石 「新春夏秋冬」

お降りや竹深ぶかと町のそら
芥川龍之介 「澄江堂句集」

お降りやほのぼの濃ゆき寝白粉
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。