松の内(まつのうち)新年

【子季語】
松七日、注連の内
【解説】
正月の松飾りのある期間をいう。七日までが普通だが、十五日までのところ、三日までのところと、地方によってさまざまである。

*

広小路や鶴放したき松の内
丁水 「親類題発句集」

杣が家も油灯すや松の内
莚志 「せき屋ぜう」

松の内社前に統べし舳かな
杉田久女 「杉田久女句集」

更けて焼く餅の匂や松の内
日野草城 「花氷」

納豆に飯ふき啖ふ松の内
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。