土用(どよう)晩夏

【子季語】
土用前、土用入、土用の入り、土用中、土用太郎、土用二郎、土用三郎、土用明
【解説】
春夏秋冬それぞれに土用はあるが、普通、土用といえば夏の土用のことである。とりわけ夏の土用が取り上げられるのは、陰陽五行や農耕と深くかかわりがあったと思われる。地方によっては、土用の間にしてはならないことなど様々な言い伝えがある。今でも土用の丑の日に鰻を食することなど、生活に深く結びついている。

*

おぼつかな土用の入りの人ごころ
杉風 「韻塞」

人声や夜も両国の土用照り
一茶 「九番日記」

土用の日浅間ヶ岳におちこんだり
村上鬼城 「定本鬼城句集」

ほろほろと朝雨こぼす土用かな
正岡子規 「寒山落木」

子を離す話や土用せまりけり
石橋秀野 「桜濃く」

わぎもこのはだのつめたき土用かな
日野草城 「青芝」

コメントは受け付けていません。