流れ星(ながれぼし)三秋

【子季語】
流星、夜這星、星流る、星飛ぶ
【解説】
宇宙の塵が大気中に入り込んで摩擦熱で発光するもの。人工の光のない高原などでは、降るように次々に星が流れる。

*

飛び消ゆる菊の夜露やよばひ星
立圃 「一宇幽蘭集」

星飛ぶや寝ねし我家へ帰りつく
篠原温亭 「温亭句集」

コメントは受け付けていません。