年籠(としごもり)暮

【子季語】
年参り
【解説】
大晦日の夜、寺社に参籠して新年を迎えること。新しい年を起きて迎えるという風習から始められた。

*

月もなき杉の嵐や年籠り
召波 「春泥発句集」

春届く文したためつとし籠り
几董 「井華集」

年ごもり鏡の中にすわりけり 
暁台 「暁台句集」

とし籠りもみ火の御灯拝みけり
白雄 「白雄句集」

とかくして又古郷の年籠り
一茶 「八番日記」

コメントは受け付けていません。