枯芭蕉(かればしょう、かればせう)三冬

【子季語】
芭蕉枯る
【解説】
葉の枯れた芭蕉をいう。風雨にさらされてずたずたになった芭蕉は、そのまま朽ち果て、襤褸をまとったようになる。

*

芭蕉枯れんとして其音かしましき
正岡子規 「子規句集」

病床の手鏡に逆枯芭蕉
川端茅舍 「俳句文学全集」

大芭蕉従容として枯れにけり
日野草城 「花氷」

枯芭蕉日和の湯気をあげてをり
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。