太箸(ふとばし)新年

【子季語】
雑煮箸、柳箸、祝箸、箸包、箸紙、孕み箸、腹太箸、餅箸
【解説】
正月の膳に用いる白木の箸。正月から箸が折れては縁起が悪い、というので太く作ってある。大きな雑煮餅を持ち上げようとすれば、箸にかかる力はいつもより大きくなるというもの。割り箸などでは折れてしまいそう。

*

太箸や御祓の木のあまりにて
言水 「歳旦三物集」

指よりも太き箸もつ童かな
梅珠 「親類題発句集」

太箸や後にひかへし檜木山
暁台 「暁台句集」

太箸の嬉しさしるや草枕
蒼?「蒼?句集」

太はしをふとく思ふもひと日かな
梅室 「梅室家集」

貧に処して太箸やまづ潔き
松瀬青々 「妻木」

太箸や眉にも白を加へたる
森澄雄 「天日」

太箸や国生みの神さながらに
長谷川櫂 「富士」

コメントは受け付けていません。