春の炉(はるのろ)三春

【子季語】
春炉
【解説】
寒さが緩んだからといって、炉に火がなくなるのはなんとなく心もとないものである。時には寒さがぶり返したりして、桜の頃になっても炉のそばが恋しかったりする。

コメントは受け付けていません。