沙羅の花(しゃらのはな)晩夏

【子季語】
夏椿、杪羅、姫沙羅
【解説】
ツバキ科の落葉高木。十メートルほどの丈になる。白い花びらに黄色の蕊をもつ。咲いてもその日のうちに落ちてしまう一日花。花の形が椿に似ていることから「夏椿」ともいう。釈迦入寂の「沙羅双樹」とは別の木である。

花を拾へばはなびらとなり沙羅双樹
加藤楸邨「まぼろしの鹿」

沙羅の花捨身の落花惜しみなし
石田波郷「酒中花」

沙羅の花緑ひとすぢにじみけり
石田波郷「酒中花」

コメントは受け付けていません。