はまなす 晩夏

【子季語】
浜梨、浜茄子
【解説】
バラ科。海辺に自生する。葉や枝に棘があり、五月ごろに開花する。真っ青な海を背景に真紅の花が美しい。秋に甘い実をつける。
【科学的見解】
標準和名はハマナシである。ハマナシは、海岸付近に自生する落葉低木であり、日本海側は北海道から島根まで、太平洋側は北海道から茨城まで分布している。花が美しいために、公園などに植栽されている場合もある。また、果実は食用になり、北海道などではジャムとして販売されている。(藤吉正明記)

玫瑰や今も沖には未来あり
中村草田男 「長子」

コメントは受け付けていません。