金柑(きんかん)晩秋

【子季語】
金橘、姫橘
【解説】
ミカン科キンカン属の常緑低木。三センチほどの大きさの実の表面は艶やかで金色に光る。たわわに実っている様子が美しい。またビタミンCが豊富なため、砂糖などで煮て風邪薬として用いられる。

*

金かんや南天もきる紙袋
一茶 「七番日記」

コメントは受け付けていません。