札納(ふだおさめ、ふだをさめ)暮

【子季語】
納札
【解説】
歳末に神社やお寺から翌年の新しいお札を受け取り、今年の古いお札を社寺に納めること。社寺には納札所があり、納められた札は炊きあげられる。

*

守り札古きはへがれ給ひけり
一茶 「九番日記」

コメントは受け付けていません。