鶉(うずら、うづら)三秋

【子季語】
片鶉、諸鶉、鶉の床、鶉斑、駆鶉、鶉野
【解説】
体長約二十センチのキジ目キジ科の鳥。川原の草むらに隠れてなかなか出てこない。鳴声が特徴的で、その鳴声で秋の情趣を感じる。食用・採卵用に飼育される。

*

鷹の目もいまや暮ぬと鳴鶉
芭蕉 「芭蕉庵小文庫」

夢に聞くはうつら鶉のねみみかな
季吟 「山の井」

伏見には町屋の裏に鳴く鶉
鬼貫 「大悟物狂」

桐の木に鶉鳴くなる塀の内
芭蕉 「猿蓑」

瓦やく烟にむせて啼くうづら
許六 「正風彦根躰」

夕暮をおもふままにも啼く鶉
惟然 「泊船集」

縫物に針のこぼるる鶉かな
千代女  「千代尼句集」

鶉野や聖の笈も草がくれ
蕪村 「明和七年句稿」

コメントは受け付けていません。