冬深し(ふゆふかし)晩冬

【子季語】
冬深む、暮の冬、冬さぶ、真冬、真冬日、冬たけなわ
【解説】
一年で寒さの最も極まる時期のこと。積もった雪や北風に吹かれる枯れ草、防寒着に身を包む人々など、どこを見ても冬真っ盛り。春が待たれる日々である。

*
冬深し手に乗る禽の夢を見て
飯田龍太 「山の木」

冬深し柱の中の濤の音
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。