花衣(はなごろも)晩春

【子季語】
花見衣、花の袖、花見小袖、花の袂、花見衣装
【解説】
お花見に行く時に女性が着る晴れ着のこと。古くは「桜がさね」という襲の色目を「花衣」といった。また、元禄期には花見小袖が流行した。現在では特定のものをさしては言わないが、散りゆく花の中の着物姿などは実に華やかである。

*

きてもみよ甚べが羽織花ごろも
芭蕉 「貝おほひ」

筏士の蓑やあらしの花衣  
蕪村 「まだら鴈」

花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。