秋の蜂(あきのはち)三秋

【解説】
蜂は冬眠するまで動き回る。秋にもよくその姿を見かけるが、動きは活発ではない。秋の深まりとともに幼虫は羽化して成虫となる。雄蜂は死に、越冬するのは雌だけである。
*

静かさや梅の苔吸ふ秋の蜂
野坡 「百曲」

コメントは受け付けていません。