茱萸(ぐみ)晩秋


【子季語】
秋茱萸、霜茱萸、茱萸酒
【解説】
高さ三メートルほどになる落葉高木である。初夏に花が咲き、十月ごろに紅い実をつける。食べると甘酸っぱく、口中に渋みが残る。茱萸は春茱萸や夏茱萸、唐茱萸や箱根茱萸など種類が多い。単に「茱萸」といえば秋茱萸のことをさす。

*

いそ山や茱萸ひろふ子の袖袂
白雄  「白雄句集」

コメントは受け付けていません。