西瓜(すいか、すいくわ)初秋


【解説】
ウリ科蔓性の一年草である。球形のものと楕円形のものがあり、黒い縞模様が特徴的。果肉は赤色、黄色がある。水分を多く含み甘い。清水に浮かべたり、井戸につるしたりして冷やして食べる。

*

西瓜独り野分をしらぬ朝かな
素堂 「勧進牒」

西瓜くふ奴の髭の流れけり
其角 「華摘」

こけざまにほうと抱ゆる西瓜かな
去来 「初蝉」

出女の口紅をしむ西瓜かな  
支考 「車華集」

角が僕目引きに出づる西瓜かな 
蕪村 「夜半叟句集」

正直ね段ぶつつけ書きの西瓜かな 
一茶 「文政八年帖」

寺入りの子の名書きたる西瓜かな
梅室 「梅室家集」

刃に触れて皹走りたる西瓜かな
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。