穀象(こくぞう、こくざう)三夏

【子季語】
穀象虫、象鼻虫、米の虫、米虫、よなむし
【解説】
オサゾウムシ科の甲虫のこと。黒色で体長は二、三ミリ。頭部の先が象の鼻のように突き出しているのでこの名がついた。米の胚に穴をあけて卵を産む。幼虫は米を食べて成長する米の害虫である。米倉や米びつに潜むが、近年は見られなくなった。

コメントは受け付けていません。