一輪草(いちりんそう、いちりんさう)晩春

【子季語】
裏紅一花、一花草
【解説】
キンポウゲ科アネモネ属の多年草。四月~五月頃に山の麓や川のほとりなどに生える。茎を一本だけ出し、そこに白い花を一輪つけることから「一輪草」と呼ばれる。高さは十五センチほどで、どことなく淋しい感じの花である。

*

方丈や一輪草をただ一輪
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。