川開き(かわびらき、かはびらき )晩夏

【子季語】
両国の花火、両国川開き
【解説】
古くはお盆を控えて禊に川に入ったのが始まりと考えられるが、納涼の季節の幕開けの祝と、水難事故の防止を祈願する行事。なかでも墨田川の花火は江戸時代から続くもので、かつては料亭の桟敷や川に舟を浮かべての花火見物でにぎわった。

コメントは受け付けていません。