虎落笛(もがりぶえ)三冬

【解説】
厳寒の夜空を、風がヒューヒューと音を立てて渡ること。「虎落」とは竹を立て並べて作った物干し。それが烈風に吹かれて、笛のように音を立てることに由来する。

*

炉の端に月のさしけり虎落笛
吉田冬葉 「故郷」

燈火の揺れとどまらず虎落笛
松本たかし 「火明」

日輪の月より白し虎落笛
川端茅舍 「川端茅舍句集」

虎落笛塵取に塵はなかりけり
五十崎古郷 「古郷句集」

縁の下に梯子をしまひ虎落笛
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。