雪晴(ゆきばれ)晩冬

【子季語】
深雪晴、雪後の天
【解説】
何日も雪が降り続いたあとで、雲ひとつない青空に恵まれることがある。雪に反射したまばゆい光のなかで、屋根に積もった雪を家族総出で卸したり、子どもらが雪合戦に興じたりする。

*

雪晴の日ざしまともに机かな
五百木瓢亭 「瓢亭句日記」

コメントは受け付けていません。