霜月(しもつき)仲冬

【子季語】
霜降月、神楽月、雪見月、雪待月、神帰月、露こもり月、子の月
【解説】
陰暦十一月の和名。陽暦の十二月にあたる。霜がきびしく降りるころで、霜降月の略称。

*

霜月の晦日よ京のうす氷
言水 「一字題」

霜月や日まぜにしけて冬籠
去来 「俳諧曾我」

霜月やこふのつくつく並びゐて
荷兮 「冬の日」

霜月の梨を田町に求めけり
正岡子規 「季語別子規俳句集」

霜月の川口船を見ぬ日かな
藤野古白 「古白遺稿」

霜月や酒さめて居る蝮取り
前田普羅 「普羅句集」

霜月や壺に活けたる枝蜜柑
島村元 「島村元句集」

コメントは受け付けていません。