無花果(いちじく)晩秋

itijiku【子季語】
青無花果
【解説】
全国各地で栽培されるクワ科の落葉小高木。花を付けずに実がなるように見え、無花果の字が当てられているが、実際には春から夏に花嚢の中に無数の白い花が咲き、それが秋に熟れて暗紫色の実となる。

*

無花果に塀の外なる大水車
原石鼎 「原石鼎全句集」

無花果食ふ月に供へしものの中
石田波郷「酒中花以降」

八雲たつ出雲無花果作るかな
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。