立待月(たちまちづき)仲秋

【子季語】
立待、十七夜
【解説】
陰暦八月十七日の月のこと。名月のあと、しだいに月の出が遅くなり立待月の頃には、名残りの月の感が深くなってくる。

*

さらぬだに月に立ち待つ惣嫁かな
一茶 「寛政句帖」

あさがほのかげかすかなり十七夜
大江丸 「裸麦」

逗留や立待月に立ちまじり
松本たかし 「第二同人句集」

コメントは受け付けていません。