寒の入(かんのいり)晩冬

【子季語】
寒に入る、寒固、小寒の入、寒前
【解説】
一年のうちでいちばん寒さがきびしい時期に入る日のこと。一月六日ごろにあたり、この日から立春前日(節分)までの約三十日間を寒という。

*

月花の愚に針立てん寒の入り
芭蕉 「薦獅子」

晴天も猶つめたしや寒の入
杉風 「杉風句集」

猶白し寒に入る夜の月の影
蝶夢 「草根発句集」

うす壁にづんづと寒が入りにけり
一茶 「七番日記」

よく光る高嶺の星や寒の入り
村上鬼城 「定本鬼城句集」

きびきびと応ふる寒に入りにけり
松本たかし 「野守」

朝々のさすがに寒に入りにけり
星野立子「春雷」

コメントは受け付けていません。