施餓鬼(せがき)初秋

【子季語】
施餓鬼会、水陸会、施餓鬼寺、施餓鬼壇、施餓鬼棚、施餓鬼幡、施餓鬼舟、川施餓鬼、海施餓鬼、舟施餓鬼、浜施餓鬼、施食会
【解説】
盂蘭盆会、またはその前後に諸寺院で有縁無縁の霊を弔い、供養すること。宗派によってその儀式は様々。多くは施餓鬼棚を設け、供物を供える。

*

残る蚊の痩せてあはれや施餓鬼棚
正岡子規 「季語別子規俳句集」

海上の大夕焼けや施餓鬼船
村上鬼城 「定本鬼城句集」

蜩や山の施餓鬼の日盛に
北原白秋 「竹林清興」

コメントは受け付けていません。