餅(もち)暮


【子季語】
餅焼く、黴餅、きな粉餅
【解説】
もち米を蒸し、臼で搗いて作った食べ物。鏡餅、熨斗餅、切り餅などがある。日が立つにつれ、ひびが入ったり、黴が生じたりする。

*

餅の粉の家内に白きゆふべかな
太祇 「太祇句選後篇」

妹が子は餅負ふ程に成りにけり
一茶 「七番日記」

餅焼くやちちははの闇そこにあり
森澄雄 「花眼」

最澄の山餅啣へたる犬に逢ふ
森澄雄 「游方」

餅ふくる崑崙山も天山も
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。