鳴子(なるこ)三秋

【子季語】
鳴竿、鳴子縄、鳴子綱、鳴子守、鳴子引、鳴子番、引板、鳴子田
【解説】
実った穀物などを守るためのしかけ。鳥威しのひとつ。さほど大きくない板に細い竹管を幾つか糸で懸けたもの。縄を引いて音を立て、鳥や猪などを追い払う。

*

谷越に鳴子の縄や窓のうち
丈草 「丈草発句集」

家ありや烟のつとふ鳴子縄
蕪村 「落日庵」

ちかづきの鳴子鳴らして通りけり
蕪村 「落日庵句集」

野ねずみの逃ぐるも見ゆる鳴子かな
召波 「春泥発句集」

揉みに揉んで夜嵐わたる鳴子かな
太祇 「俳諧新選」

ひとしきり鳴子音して日は入りぬ
大江丸 「俳懺悔」

きらきらと音に日のさす鳴子かな
田川鳳朗 「鳳朗発句集」

引かで鳴る夜の鳴子の淋しさよ
夏目漱石 「漱石全集」

余り淋し鳥など飛ばせ鳴子引き
正岡子規 「子規句集」

鳴子縄引きたしかめて出来にけり
松本たかし 「たかし句集」

稲穂波鳴子進むが如くなり
島村元 「島村元句集」

コメントは受け付けていません。