雪達磨(ゆきだるま)晩冬

【子季語】
雪仏、雪布袋、雪獅子、雪細工
【解説】
雪をころがしてかたまりを二つ作り、達磨のかたちにしたもの。木の葉や玩具などで目鼻をつける。昔は木炭や炭団を目鼻にした。雪達磨作りは子供の遊びだが、大人もときに夢中なれる。

*

此の下にかくねむるらん雪仏
嵐雪 「枯尾花」

御ひざに雀鳴くなり雪仏
一茶 「七番日記」

月さえて二日になりぬ雪仏
蒼? 「蒼翁句集」

家々の灯るあはれや雪達磨
渡辺水巴 「水巴句集」

雪だるま星のおしやべりぺちやくちやと
松本たかし 「石魂」

コメントは受け付けていません。