空風(からかぜ)三冬

【子季語】
からっ風
【解説】
晴れた日に吹く北西の乾燥した季節風。ことに上州の空っ風は有名である。日本海側に雪を降らせて乾燥した風が、山脈をこえて関東平野に吹き荒れる。

*

から風の吹きからしたる水田かな
桃隣 「古太白堂句選」

雪は来でから風きほふ空凄し
曾良 「いつを昔」

コメントは受け付けていません。