冬の鵙(ふゆのもず)

三冬
【子季語】
寒の鵙、冬鵙
【解説】
秋、さえざえと鳴いていた鵙も冬には、枯枝にとまり静かに獲物をねらう。宮本武蔵筆による『枯木鳴鵙図』のごとく、梢に凛と胸を張っている姿は印象的である。

コメントは受け付けていません。