薯蕷汁(とろろじる)

tororo晩秋
【子季語】
とろろ、薯汁、薯粥、麦とろ、蕎麦とろ、とろろ飯
【解説】
山地に自生する自然薯や、畑で作る長薯、大和芋などを卸し金で卸し、更に擂鉢で擂ったものがとろろである。それに出し汁を加えればとろろ汁ができる。青海苔や葱などの薬味を散らして頂く。麦ご飯にかければ麦とろである。消化がよくてお年寄りにも好まれる。  

*

梅若菜鞠子の宿のとろゝ汁
芭蕉 「猿蓑」

コメントは受け付けていません。