夕顔の実(ゆうがおのみ、ゆふがほのみ)初秋

【解説】
うり科の一年草で、夏に白い花をつけ、秋に実をつける。『源氏物語』に登場する夕顔のように儚く美しいイメージの花である。実は丸形と長形があり果肉を紐状に削って乾燥させ、干瓢をつくる。または中身をくりぬいて炭取りや、火鉢、花器などいろいろに加工して利用したりもする。

*

驚くや夕顔落ちし夜半の音
正岡子規 「子規句集」

夕顔や我葉を敷てころび寐を
来山 「来山句集」

夕顔に片尻懸けぬさん俵
北枝 「卯辰集」

コメントは受け付けていません。