春支度(はるじたく)晩冬

【解説】
新春を迎えるための支度である。陰暦では正月が春であったので、年用意と同意に用いられたが、現在は季節の変り目の用意として広く解釈してもよい。子ども達の春着を用意したり、床の間の掛け軸を取り替えたりと、新しい季節に重いをこめてあれこれ支度する。

コメントは受け付けていません。