夜鷹(よたか)三夏

【子季語】
怪鷹、蚊吸鳥
【解説】
ヨタカ科。鳩ほどの大きさの鳥で、褐色や黒、白のまだら模様である。北海道から四国の山地や草原に棲んでいる。夜行性で夕方から活動し、おもに虫類を喰べる。夏の夜、キョッキョッという鳴き声をたてる。

コメントは受け付けていません。