鶲(ひたき)晩秋

【子季語】
尉鶲、火焚鳥、紋鶲、馬鹿つちよ、団子背負ひ
【解説】
雀くらいの細身ながら、カラフルでよく目立つ鳥である。翼の白紋が印象的で頭を上下しながら尾を振って鳴く。人なつこく、民家の庭先にもやってくる。

コメントは受け付けていません。