枯草(かれくさ)三冬

【子季語】
草枯る、草枯
【解説】
冬になって枯れた草のこと。枯草に覆われた野原をわたる風には、蕭条としたものがある。

*

草枯れて狐の飛脚通りけり
蕪村 「蓮華会集」

草枯れに雑炊すする樵夫かな
白雄 「白雄句集」

いささかな草も枯れけり石の間
召波 「春泥発句集」

枯草と一つ色なる小家かな
一茶 「七番日記」

草枯や寺の名残の井戸一つ
正岡子規 「季語別子規俳句集」

コメントは受け付けていません。