寒蜆(かんしじみ)晩冬

【子季語】
真蜆
【解説】
蜆は一年中、淡水で採取できる身近かな小貝である。寒蜆はとくに薬効があるとされ、食されてきた。雪中、舟を出して蜆を穫る湖の風景は趣があり、よく句に詠まれてきた。

*

湖の小石まじりし寒蜆
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。