白玉(しらたま)三夏

【子季語】
氷白玉、白玉ぜんざい
【解説】
白玉粉を水で捏ねて団子状にし、それを茹でて冷水や冷蔵庫で冷やし、甘味を添えて食す。ガラスの器などに盛れば、見た目も涼やかである。

*

姉妹白玉つくるほどになりぬ
渡辺水巴 「水巴句集」

煮えたぎる湯に白玉の遊ぶかな
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。