薬掘る(くすりほる)仲秋

【子季語】
薬採る、薬草掘る
【解説】
山野に自生する薬草(茜、竜胆、苦参、千振など)を掘って採取して薬用とすること。葛の根は葛根湯や葛湯として今も重宝されている。

*

薬掘りけふは蛇骨を得たるかな
蕪村 「夜半叟句集」

薬掘蝮を提げてもどりけり
太砥 「太祇句選」

山深く薬を掘りに行きしといふ
佐藤紅緑 「花紅柳緑」

コメントは受け付けていません。