磯菜摘(いそなつみ)三春

【解説】
磯の岩などにつく食用の海藻を摘みとること。海が暖かくなってからの女たちの作業である。ときに高波に見舞われたりする。楽な作業ではない。

*

防人の妻恋ふ歌や磯菜摘む
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。