雁木(がんぎ)晩冬

【子季語】
がぎした、雁木市
【解説】
雪の多い地方で見かける通路の上に張り出した雪除けの軒である。雪や雨の日でも傘をささずに歩ける。ときにそこでは、市も開かれる。雪国に住む人の生活の知恵である。

コメントは受け付けていません。