落し角(おとしづの)晩春

【子季語】
鹿の角落つ、忘れ角
【解説】
春から初夏にかけて、生え変わるために鹿は角を落とす。新しい角は袋角と呼ばれ、柔らかい皮膚で覆われている。鹿の角は生え変わるたびにその枝が多くなる。

*

角落とす鹿の狂ひや恋のごとし
樗良 「題林集」

角落す鹿や嵯峨野の草の雨
紫暁 「そねのまつ」

角落ちてはづかしげなり山の鹿
一茶 「八番日記」

角落ちてあちら向いたる男鹿かな
正岡子規 「寒山落木」

角落ちし気の衰へや鹿の顔
石井露月 「露月句集」

さを鹿はからんと角を落しけん
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。